ルネスタは即効性の高い睡眠薬です。効果が切れるのも早く、朝起きても眠気が残りにくく使いやすいため人気になっています。

ルネスタで寝付きを改善&快眠

ルネスタの効果について

ルネスタは、不眠症などの治療薬として使用される睡眠薬となります。

睡眠作用に絞った「非ベンゾジアゼピン系」に分類されるため、依存性や副作用などのリスクが低いといわれています。

ルネスタは、脳の神経活動の働きを低下させ、眠気を促進させていく効果があります。

「疲労感などで眠りに落ちてしまう」という状態に近い感覚になるため、睡眠導入剤とも呼ばれています。

【簡単な特徴】

  • 依存性のリスクが低い
  • 即効性がある
  • 服用の翌日に眠気が残ることがあまりない
  • 依存性のリスクが低い

などがメリットとしてあげられています。

ルネスタのような睡眠薬は、効果をある程度計算することができます。

依存性に気をつけながら、正しく服用していきましょう。

超短時間作用

睡眠薬は基本的に以下のような4つの部類に分けられ、その作用時間が重要となります。

作用時間とは、その薬の効果の持続時間をあらわしています。

  • 【超短時間型】3~4時間
  • 【短時間型】6~10時間
  • 【中間型】12~24時間
  • 【長時間型】24時間以上

ルネスタはその中でも超短時間型に分類されます。

寝付きが悪く、なかなか眠れない方への睡眠導入剤として使用されることが多く、効果が弱まるのも早いため、翌日の目覚めも良いというメリットがあります。

また、中間型や長時間型の睡眠薬は作用時間が長い為、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒の方や、ぐっすり眠れた気がしない方への服用が望ましいといえます。

専門の医師や薬剤師に相談の上、自身の症状にあった薬を服用すべきだといえます。

効果はどれくらい続く?

さきに挙げましたように、ルネスタは超短時間作用となり、その作用時間は3~4時間ほどです。

効果が最も強くあらわれるのは約1時間以内となり、効き目が弱まるのも早いということになります。

非ベンゾジアゼピン系の薬の特徴は、超短時間型に部類するということです。

ルネスタの他にも「アモバン」「ハルシオン」といった睡眠薬もこの部類になります。

翌日への目覚めなどの影響が少ないため、睡眠薬の中でも安心して服用できるといえるでしょう。

現在日本では不眠に悩む方が多くいて、その中でも中途覚醒や入眠障害など、人によって症状の重さはさまざまです。

服用してからどのくらいの時間で効果があらわれるのか、翌日への影響・副作用など、事前に理解しておくことが大切となります。

効果の反面、依存性はある?

睡眠薬を服用していく中で、多くの方が心配されるのは「依存性」ではないでしょうか。

ルネスタは睡眠作用にしぼった治療薬となるので、依存性が少ないといわれています。

ただし、長い間服用を続けていると薬が手放せなくなってしまう方もいますので、服用の際は注意が必要です。

ルネスタが分類される非ベンゾジアゼピン系は、従来に比べて依存性や離脱症状のリスクが低い睡眠薬となります。

離脱症状とは、薬を減薬または断薬した際に起きる症状で、めまいや頭痛、吐き気などの症状がみられます。

薬の増薬や減薬、断薬をした際に、身体面や精神面に何らかの影響がでてしまう事もありますので、自己判断では行わないようにしてください。

ルネスタの半減期

薬を服用する際の効果の見方として、「半減期」が重要となります。

半減期とは、薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間で、効き目の長さをあらわしています。

薬を服用する際は、どのくらいの時間効果が続くのか事前に確認しておくべきだといえます。

ルネスタは超短時間型で、服用してから効果がすぐにあらわれ、その半減期はおよそ5時間となります。

そのため翌日への影響も少なく、寝付きが悪い・なかなか眠れないといった方への導入剤として、使用されることが多いようです。

ただし、その時の体調や環境によって個人差もありますので、半減期はおよその目安として参考にしてみると良いでしょう。

アモバンがベースになっている

ルネスタは、「アモバン」を改良した睡眠薬となります。

アモバンは、作用時間が短く即効性のある睡眠薬で、依存性も少ないといわれています。

どちらも超短時間型に部類しますが、薬の味や作用時間など、それぞれが微妙に異なっています。

そのアモバンをベースとし、さらにより良くして作られたのがルネスタとなります。

アモバンに比べ、ルネスタは少しだけ半減期の時間が長くなります。

【アモバン】およそ3-4時間
【ルネスタ】およそ5-6時間

どちらも超短時間型とはなりますが、ルネスタの方が効き目が長く続くということになります。

そのため、寝付きが悪いなどの症状のほか、夜中に目覚めてしまうという方にもおすすめできます。

苦味が少ない

アモバンはデメリットとして、「苦味が強い」ことがあげられます。

苦味の原因は薬の成分量によるもので、その量が増えれば増えるほど苦味が強くなります。

そして、薬は体の中へ吸収されたあと唾液から少しずつ分泌されていき、そのため、苦味といった副作用がでるのではないかといわれています。

また、この苦味は薬を服用してから数10分たったあとにあらわれ、次の日まで続くとされています。

アモバンに比べると、ルネスタは苦味が少ないです。

ただし少ないとはいっても、人によっては同じように強い苦味を感じる方もいて、逆に全く気にならない方もいます。

個人差がありますので、服用の際に気になる方は、専門の医師に相談してみると良いでしょう。

ルネスタの手に入れ方

薬を購入する上で、どうやって手に入れたら良いのか、安心して購入できるのかなど、さまざまな不安があると思います。

ここでは、購入方法やそれぞれの利点、注意すべき点などをご紹介していきます。

まず、ルネスタを購入するには2通りの方法があります。

  • 病院で処方してもらう
  • 通販サイトでの購入

市販の薬局などでは購入することができないので、上記のどちらかの方法で手に入れる形となります。

それぞれのメリット・デメリット、価格の違いなどがありますので、比較しながら事前に知識をつけておくことが望ましいです。

病院で処方してもらう

まず1つめの購入方法は、病院で処方してもらうということです。

市販の薬局で販売はされていないので、必ず医師の診察を受けてから処方してもらうことになります。

薬を服用するということは、身体に何らかの副作用や影響がでてくる可能性もあるわけですから、専門の医師に診てもらうということは、何よりも安心感があると思います。

ただし、病気の症状によっては長く通院しなければいけなかったり、時間を要してしまいます。

その際、通院代も含めた医療費は高額となり、利用者の負担となってしまいます。

医師の処方のもと安心して服用が出来るというメリットがある分、医療費や通院手段などに関してのデメリットもあるということになります。

通販サイトで購入する

2つめの購入方法は、通販サイトを利用した購入です。

個人輸入の通販サイトでは、医師の処方箋がなくても海外医薬品を購入することができます。

そのため、病院へ通うのが難しい方や、時間がない方などにも多く利用されています。

そのほかのメリットとしてあげられるのは、価格が安いということです。

利用者にとって、医療費の軽減は非常に助かるものとなり、そういった面でも通販サイトを利用する方が多くみられます。

ただし、通販サイトでの購入は自己責任での購入となります。

薬の副作用や効果・効能について、事前にしっかり確認した上での購入が必要となります。

利用する前にそのサイトが安全かどうか、信憑性をしっかりと見極めましょう。

icon